レンタルに関する法律

商品によって異なる

レンタル業特有の法律というのは存在していません。
法律に関してはレンタル業は一般的な会社と同じと考えてよいでしょう。
そのため、レンタルする商品によって法律も変わってきます。

車やバイクをレンタルするのであれば、車やバイクを販売している会社と同じような法律になります。
問題なのは開業するときだけなのですが、やはりレンタルする商品によって異なるので、重要な点は、レンタルを行うことではなく、何をレンタルするのかです。

わからないことは、開業するときに必ず聞いておき、このようなことを行えば法律に触れてしまうということを理解しておきましょう。
法律のことは自分で勉強するよりも、専門家に聞く方が確実に理解できますし、間違って覚えてしまうというトラブルも防げます。

トラブルに注意する

レンタル業を行う際に注意するべきことは、起業する際に必要な届け出の種類を知ることです。
しかし、これは専門機関に問い合わせれば簡単にわかるので、それほど不安がる必要はありません。
問題なのは、起業してから発生するトラブルに関して、どのように対処するかです。

レンタル業で特に多いトラブルは、期限を過ぎても返却しない人が多いという点と、傷をつけてしまったり、壊してしまったりすることでしょう。
このときに注意するべき点が法律です。
利用者に弁償する責任があるのか、どのぐらいまで賠償金を請求できるのかなどが重要になります。

このような法律はやはり勉強しておくべきですが、日本の法律というのは曖昧な部分が非常に多く、ケースバイケースになっていることもたくさんあります。
レンタル業を起業する前には、トラブルになったときの対処法と、それに関係している法律についても勉強しておきましょう。
中には当然の対応だと思っていても、実は法律に触れているということもあるので、レンタルに限らず、起業するからには法律に関しては避けて通れません。

税金を納める

レンタル業であっても事業になるので、売り上げがあれば確定申告を行い、税金を納める義務があります。
税金も法律できちんと定められているので、基本的には所得税、住民税、ある程度売り上げがあれば個人事業税や法人税、消費税などを納めなければいけません。
このため、税金についての知識や法律も知っておきましょう。

税金に関する知識を身につけることで、どのようにすれば節税できるのか、このような節税方法では法律に触れてしまうということもわかるようになります。
仕事がうまくいき始めたら、税理士に任せてもよいですし、自分で勉強して本格的に会計を行うのもよいでしょう。
よってレンタル業を行う上で知っておくべき法律は、レンタルする商品によって適応される法律が変わること、トラブル時に関する法律、そして税金に関する法律です。