みんなで傘をシェア

傘をみんなで大切に使う

いつでも折りたたみ傘を持ち歩いている人もいる中で、ふと折りたたみ傘を忘れてしまうことや、傘は持ち歩かないため、突然雨が降ってきてしまうために雨に濡れ困っているなどと言う人もいるいますが、天気というのは読めるものではなく、朝の段階で雨が降ることが予想できていなければ、傘を持ち歩いているという人は少ないでしょう。

コンビニなどでビニール傘が販売されていますので、雨が降った際にはこうした傘を購入すれば良いと思っていても、誰しもが同じ考えているため、突然のゲリラ豪雨などではコンビニやスーパーでもビニール傘も売り切れてしまい方に購入することができなくなってしまいます。

しかし自宅に帰り傘がある以上、わざわざ数千円という費用をかけて新しい傘を購入する人も少ないため、仕方なく雨に濡れながら帰宅する人などもいます。

近年では都心部をはじめとしてその他関西などでも傘のレンタルシステムが普及し始めており、レンタル専用の傘を提携している店を利用して、多くの人がシェアできるというシステムになっています。

この傘レンタルは基本的に無料で傘を利用することが可能となっており、提携しているお店であれば借りた場所でなくとも返却することができます。

例えば一つのファミリーレストランでこうしたレンタル専用の傘をレンタルし、帰宅した後、翌日出勤する際に近くの提携しているコンビニエンスストアに返却するといった方法になっていますので、わざわざ借りた場所に返却に出向く必要がなく、とても手軽です。

自分が借りて返却した傘をまた他の人が使用し、どこかに返却するという方法で次々に多くの人がレンタル専用の傘をシェアできる仕組みになっていますので、突然の雨に降られてしまった場合にも困る事が少なくなっています。

おしゃれのための傘もある

上記したように誰でも無料で貸し出されているレンタル専用の傘がシェアできるといった傘レンタルのシステムは今後も多くの傘が必要になってくるため、レンタル会社では、傘の寄付などを求めており、複数メディアでも注目されています。

またこのように雨が降ってしまった場合のかされてるだけではなく、ちょっとしたお出かけの際におしゃれを楽しむため、高級な傘をレンタルしてくれているような会社もあります。

日頃自分では使用することのない蛇の目傘をレンタルすることができたりするので、景色の良い場所に出かけ写真撮影がしたいといった場面でも重宝してくれます。

このような傘のレンタルの場合にはもちろんレンタルした店舗に返却に行く必要がありますが、前述のような傘のレンタルの場合には提携先さえしっかり把握しておけば、返却はどこでも良いので、明日の朝を考える必要がありません。

しかし一方で、こうして生かされてる傘のレンタルだけを行い、返却しないと言った心無い人々の行動も注視されていますので、自分が雨に濡れないため、無料のレンタル傘を使用した際には必ず良心を持って提携先もしくはレンタルした店舗へ返却するように心がけましょう。