レンタル業をはじめるには

届け出は必要なのか

レンタル業を行いたいと考えたとき、最も気になるのは届け出が必要になるのかという点でしょう。
どのような商品をレンタルするのかで、どこに届け出を行うのかが変わります。
例えばレンタカーやレンタバイクの店を開業したいのであれば、運輸支局に自家用自動車有償貸渡許可申請を提出する必要があります。

他にも中古品を取り扱う場合には古物営業許可を必要とする場合もありますし、普通に開業の届け出を行うだけでレンタル業を運営できる場合もあります。
まずはどのような物をレンタルしたいのかという計画を立てましょう。
その上で情報収集を行い、どのような届け出が必要なのかを調べると、より効率的に情報を得られます。

レンタル業は経営が苦しくなることが多い

レンタル業はそれほど儲かるわけではありません。
なぜならばレンタル業の殆どが大手の企業になっているのは、個人事業では難しいからです。
まずはレンタル業が難しいということを知り、どのようにすれば儲けを出せるのか十分に検討しましょう。

このような方法を事業計画と言いますが、事業計画なくしてレンタル業での成功はまずありえないと考えるべきです。
最初に行うべきことは、何をレンタルするのかを考えます。
次に市場調査を行いますが、市場調査はレンタルを行いたいものの需要を調べることです。

需要のない物をレンタルしようとしても、全く借り手がつかないのは目に見えています。
例えばバイクをレンタルしたいと考えたとしましょう。
しかし、この地域ではレンタサイクルが人気で、バイクのレンタルをする人の数はかなり少ないということがわかれば、バイクのレンタルをこの地域で行っても無駄だということがわかります。

もちろん地域によっても需要が異なるので、開業しようと検討している地域の情報収集も必要です。
もし需要があり、十分やって行けると思ったら、今度は資金について検討しましょう。
レンタル業を開業する場合には、レンタルをする商品がなければ話になりません。

レンタルを行う商品をどれぐらい揃えるのか、いくらで貸すのか、どれぐらいの儲けが出るのかも検討しましょう。
初めて起業を行うのであれば、自分達だけで検討するのではなく、専門家に相談するべきです。
相談するべき専門家は、商工会議所や経営コンサルタントがおすすめです。

そうすればどこに注意するべきなのか、開業の手続き方法はどうするのかなどもわかりますし、マーケティングの方法などもアドバイスしてもらうことができます。
自分達だけで起業しても、成功するのはかなり難しいのがレンタル業なので、起業する場合には慎重に行うこと、専門家に相談することが大切です。
そうすれば成功できる確率がグンとアップします。