ブラック・スワン

白鳥と黒鳥

人気のDVDとして次に紹介するのは「ブラック・スワン」という作品です。
ブラック・スワンは、「白鳥の湖」というバレエ作品を演じるヒロインをモチーフにして描かれた作品となっています。
白鳥の湖では、優雅に美しく舞う「白鳥」と、怪しく舞う「黒鳥」の2つの役を演じなければなりません。
この作品では主人公が白鳥と黒鳥を一人二役で演じることになる、というところから始まります。

白鳥と黒鳥は、全く違う演技を求められる役です。
それをそれぞれ完璧に演じなければならないというのは、言いようのないプレッシャーとして彼女の肩にのしかかることになりました。
そして、明暗を同時に演じるということから、本人のメンタリティーにも大きな影を落としていくことになるわけです。

主人公であるニナは、元々この白鳥の湖のプリマドンナではありませんでした。
しかし、監督がプリマドンナであるベスを降板させ、ニナをプリマドンナに大抜擢したことで、急に演じなければならないという状況になりました。
特に、明るい演技を得意とするニナに取って、黒鳥の演技に求められる「邪悪さ」を表現することは非常に難しく、同時に抵抗のあるものでもありました。
そして同時に、新人である実力のあるバレリーナ「リリー」の登場によって、下から突き上げられる恐怖が加わり、ニナの精神は大きく変調していくことになります。

序盤はプレッシャーの中で苦しみ、段々と精神的な問題を起こしていくニナの姿が中心になって描かれます。
しかし、そのまま終わる作品ではありません。
精神的な変調の中で、ニナは「ブラック・スワン」の演技を見出すようになっていきます。

ブラック・スワンの演技を追い求めるニナは、周囲からは狂気的なものとして映りました。
特に間近でその姿を見ている母親は、このままでは娘がおかしくなってしまうと恐怖し、ニナにバレエを辞めるように勧めるほどです。
しかし、ニナはその声を聞かず、監督の要求に最大限答えるために、狂気の中でなおブラック・スワンの演技をし続けます。
そしてその中で、ついに答えと近づいていく、というのが、本作の軸です。

ナタリー・ポートマンの怪演

ブラック・スワンは、重厚なストーリー自体にももちろん魅力がありますが、何よりポイントとなるのは主人公であるニナを演じたナタリー・ポートマンの演技です。
ナタリー・ポートマンは実際にバレエを猛特訓し、演技として遜色がないものを作り上げることになりました。

ナタリー・ポートマンの役に入り込んだ演技が合ってはじめて「ニナの狂気」がかいま見えます。
ブラック・スワンを見る時は、内容だけではなく、それぞれの役者の演技にも大きく注目してみると良いでしょう。